40代の塾講師の平均年収はおよそ429万円です。ただしこれは平均値であり、下は220万円から上は800万円と幅が大きいので注意してください。働いている40代の平均年収は460万円ぐらいなので、およそ平均的といえるかもしれません。

塾講師として年収をあげたい場合は、今自分が所属している企業の経営状態に注目してください。
黒字経営であったり、営業努力がしっかりしていたりするところは企業規模が拡大しやすく、それによって年収が上がる可能性があります。

年収アップをおこないたい場合は出世するというのも1つの方法です。
塾講師として仕事だけでなく、企業の経営に関わるようなポジションについて仕事をすると年収を上げることができます。
経営の仕事は塾講師とは異なるやりがいがあるのも特徴です。

塾講師の評価方法は成果主義であることが多く、受け持つ授業や生徒の数、子どもたちの成績によって評価が決まります。
そうしたその評価制度のもと、良い評価を得ることができれば年収を上げることができるかもしれません。

近年は仕事とプライベートを両立するワークライフバランスが重視されていますが、それは塾講師もまた例外ではありません。
残業に関する管理が厳しくなり、企業もなるべく残業させないようにしています。年収をあげたい場合はこの点には注意してください。

もっと中学受験の塾への転職について詳しく知りたい方はこちらのサイトも参考にしてみてください!⇒中学受験 塾 転職